スポンサーサイト

  • 2008.11.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


除雪車にぶつけられました

今年の札幌の雪解けは早いようですが、それまでは降ったり解けたりを繰り返すそうです。今日は雪は降っていませんが、このごろはたびたび大雪が降り、道には雪山がうずたかく積みあがっています。

うちの町内会でも、除雪業者が先週、除排雪を行いました。(その後の大雪でまた山ができてしまいましたが)

その除雪車と、夫の車がぶつかりました。

除雪をしている車から3軒ほど離れて停車していたところ、急に除雪車がバックしてきて、フロント大破です。幸い、けがはなかったのですが(翌日首が痛いと言っていました)、相手は、夫がつっこんできたと主張しています。
「おれは、ちゃんと後ろを確認していた」
と、かなり強気。

目撃をした人も、はじめは夫が停車していたと警察に言っていたのですが、最近あやふやに……。

物損ということで届けたのが災いしたようです。人身事故なら、ちゃんと資料がそろったのですけどね。

ここ2、3日、夫は他の目撃者を探したり、警察に電話をかけたりと大変です。

相手は、札幌市が指定している除雪業者の1人。でも、私の父もあやうくひかれそうになったと、怒っていて、それでいいのか、と、思うぱいぽです。

長いこと音信不通でごめんなさい

長いことご無沙汰してしまいました。コメントもたくさんいただいていて申し訳ありません。
あのあと、大腸憩室炎になり、1か月ほどごたごたしてしまいました。その後もなかなか意欲がわかず、ふと気づくとこんなにご無沙汰していました。
コメントをいただいた方たちには、後日ぽつぽつとうかがいたいと思います。
これからは、「気づくと更新していた」というようなブログになると思いますが、もし気が向いたら目を通していただけるとうれしいです。

連休は登別

やっと時間ができたので、これから主人の実家に行ってきます。
場所は登別。
室蘭に近いので、がんばっている室蘭水族館に行ってみようかと思っています。
温泉にも行けるかな。行けたら、温泉情報、アップします♪
では、また(^^)

書き手は同一人物?それとも…?びっくりしました。

「彼の手は語りつぐ」というパトリシア・ポラッコさんの本をブログに書こうと思い、書き始めました。

そういえば、彼女は「チキン・サンデー」という本も書いていると、だれかのブログで読んだ記憶があり(これもいい本のようで、今度ぜひ読んでみたいと思っているんです)どんな本だったかなあと、「チキン・サンデー」で検索してみました。

適当に1つのブログを読んでみて、ふむふむ。
そのあと、「絵本ナビ」でも見つけたので、ふむふむ……え、何か、違和感が……。
このフレーズ、記憶にある…。
もしかして……。
さっき読んだブログへもう一度とび、確認。
びっくり、一言一句違わない文章だったのです。

う〜ん、気になります。もしかしたら、この二人の書き手は同一人物?
それとも……。

はじめに読んだブログには、コメント欄がついていないので、疑問に思ったことを書けません。
絵本ナビには、
記事についてコメントをする欄が見当たりません。

気になって、一時「彼の手は…」を中断。
このブログの記事になってしまいました。

(追記)
他のいろいろな本の記事を2つのサイトで見比べたところ、同じ本についての記事は同じ文章だったので、どうやら同じ人物のようです(^^ゞ
でも、絵本ナビには、「当サイトのすべての画像、文章、その他のコンテンツについて、許可なく転載を禁じます。」と、書かれているので、同一人物でも、二つのサイトで同じ記事をのせるのは?(がんばって書いた文章、ひとつのところだけに載せて終わりというのはもったいないという気持ちはわかりますが)

娘と息子のはしかの予防接種…検討しています

本州で麻疹(はしか)が流行っているとか……。
以前から予防接種は1回では不十分であるといわれていました。政府広報オンラインによると、今年度から制度が変わったようですが、成人や就学後の子どもたちに大しては措置はないようです。

私も主人も子どものころにかかっていますが、中1の娘と小4の息子は予防接種のみ……。

思い出すのは、息子が保育園に入るとき、水ぼうそうの予防接種と麻疹の予防接種のどちらを先にしたらよいかを病院で聞いたとき、
「水ぼうそうが特に流行っていないなら、はしかの予防接種をしたほうがいいよ。体の中までできるから。」
と、言われたことです。
大変な病気なんですね。
そういえば、昔は「疱瘡は器量さだめ、はしかは命さだめ」とか、言われていたとか。

娘と息子の2回目のはしかの予防注射を真剣に検討しています。

(追記)はしかとは関係ないのですが、長崎市長への銃撃、本当にゆるせません。ご冥福をお祈りします。





ちょっとうれしかったお話〜「ちいさなねこ」

娘といっしょに書店に行ったときのお話。

お互いにいろいろ本を見た後、二人で絵本のコーナーをのぞいてみました。

すると、以前にこのブログで書いた「ちいさなねこ」という絵本が、なんと平積みになっていたのです。(拙稿はこちら
正直、地味な本で、息は長いけれど、そんなに爆発的に人気が出ているような本ではないと思っていたので、うれしい驚き。

「見て、見て。この本いい本だよ〜。平積みになっているなんて、見る目あるね」
と、思わず娘に大きな声で話しかけてしまいました。

すると……。
その場にいていろいろな絵本を見ていた年配の女性が、その本を手にとり、めくりはじめました。

…お?

他の本を手にとっていたのですが、それを読むふりをして、
ちらっ、ちらっ
と、その女性の方を見ていると……。

すっと、その本を持ってカウンターの方へ向かいました。

やったね!

…ただ、それだけの話なんですが、なんだかうれしかったぱいぽでした(^^)
…あれは、お孫さんにわたるのかな♪

ところで、この間、「ちいさなねこ」の作者の石井桃子さんが100歳になったことを新聞で知りました。もしかしたら、平積みされていたのは、そのあたりの事情だったのかもしれません。何も表示はありませんでしたが。

ちなみに、今「ちいさなねこ」を、手元の絵本で調べたところ、1963年に「こどものとも」で出ているので、40年以上も前の絵本ということになります。石井桃子さんが56歳の時の作品になるのかな…。
新聞によると、97歳の時にも新しい仕事をなさっているようで、写真もとても100歳には見えませんでした。やっぱり、はりを持って生きているということが、若さを保つ源なのでしょうか……私もがんばらなくっちゃ(^^ゞ(もう遅いかな)

「海のトリトン」ではないですか

今、選抜高校野球のTVで、大阪桐陰と静岡の常葉菊川の試合が始まりました。なんとはなしに、いろいろなことをしながら音だけ聞いていると、常葉菊川の攻撃のときのブラスバンドの曲がなんだか聞いたことがあるような…。ようく身を入れて聞いてみると、なんと昔懐かしい「海のトリトン」の曲ではないですか。
「『海のトリトン』だよ、この曲」と、言ったけど、主人は「なんだ、それ?」と言っただけでした。
もう○十年も前放映されていた子どものころに好きだったアニメ。原作は手塚治虫でした。
なんで、今頃、高校生が演奏しているんだろう?

追記です。
今度は、菊川、「暴れん坊将軍」のテーマ曲を演奏しています。レパートリーが広いですね。次は、何かな?

なんていっていたら、今度は大阪桐陰が「ドラゴンボール」のテーマを演奏してしています。

どっちもがんばれ〜。

またまた、追記です。
なんと、常葉菊川、優勝しました!おめでとう!

稀哲シート(ひちょりシート)に座っちゃいました

昨日は、日本ハムの北海道開幕戦。
友人から行けなくなった「稀哲シート」(ひちょりシート)のチケットをいただいたので、家族で行ってきました。

新庄選手がポケットマネーで作っていた「SHINJOシート」、去年1度だけ座りましたが、赤いカバーが座席にかかっていて、カバーがかかっている座席が遠めに見ると「1」に見えるように並んでいるのだそうです。
今年は、そこが「稀哲シート」に。これは森本稀哲選手のポケットマネーではなく、スポンサーがちゃんとついているようです。よかった、よかった。

開幕戦のせいか、座っていると、「そのカバー、いただいていいですか?」と、いう声が何回か、かかりました。1枚だけあげて、残り家へ。写真もとっちゃいました。
↓これです。(しわになっちゃいました)
hityori
↓おまけに、「SHINJOシート」も(もっとしわしわ……ごめんなさい)
sinjo

それで、肝心の試合は、9回裏までは2−0で負けていて、いつもの座席がゆれる現象もほとんどなし。でも、9回裏で、いっきにたたみかけて、同点。あとちょっとでサヨナラだったのに…惜しかったです。でも、もりあがり、座席は、ゆれる、ゆれる。行け行けのパターンの応援もできて、おもしろかった。
結果は12回までやって、引き分け…決定力不足というところでしょうか(^^ゞ

どろよごれには、せっけんを

息子は野球の少年団に入っています。冬も、雪の上でのランニングと温室の中での練習があります。
ユニフォームは毎回洗っていますが、最近は雪解けの季節もあって、泥の汚れが洗ってもなかなかきれいになりません。汚れの上に汚れがのって、だんだん薄汚れたユニフォームになりました。
仕方がないかな……なんて、ちょっとあきらめていた昨日、練習から帰ってきた息子を見て、ドッヒャー!
ズボンが泥だらけ……。いつもにましてすごい!

ここで、思い出したのが、保育園の頃、泥だらけになってきた服の洗濯方法。
必要なものは、お風呂で使う石鹸。
方法は、水にぬらして石鹸でごしごしとこするだけ……。
びっくりするほど、よく汚れが落ちるんです。

これは一度でも洗濯をすると効果がないので、昔の泥汚れは落ちないだろうけど、今回の汚れは落ちるはず……。
早速お風呂から石鹸を持ち出して、ごしごし……。
とれる、とれる!
ユニフォーム自体の材質によるのでしょうが、前からたまっていた汚れまでとれちゃいました。これは、うれしい誤算です。
その後、洗濯機で洗うと、真っ白に(白いユニフォームなんです)……。

部屋にほしておいたユニフォームを遊びから帰ってきた息子が見て、びっくり。
「せっけんって、すごいね」
と、感動してくれました。やったね!

と、ここまで書いて、ちょっと反省。もっと早く、石鹸作戦をすればよかった。
……でも、そうすると、息子のあの感動はなかったわけで……ま、いいかな(^^ゞ

自分のブログに行けない

昨日は送別会で、帰ってきたのは今日でした。
なのに、6時に目がさめてしまったので、この投稿をすることにしました。

ところで、タイトルのように、このブログに来られなくなったのは、おとついの朝でした。
4時ごろ、仕事をしようと起き、何もまだしていないのに、息抜きだとばかりに、ブログを開いてみると……。

「サーバーが見つかりません」と……。

え、何?

記事の投稿ができる管理者のページから入ろうとすると……こっちもだめ。

前のブログサービスでは、おかしなことが起きたときは同じサービスを使っているほかの人のブログもそうなっていたので、同じJUGEMのブログへ行ってみると……。
……ちゃんと開けちゃいます。

これは、私のブログだけの現象なんだ!
と、思った瞬間、ちょっとしたパニック。

何?何?何?
もしかして、もうJUGEMは、使わせませんってこと?
私は、要注意人物?

要注意人物……心あたりは…そんなのないよ〜!

この時点まで仕事はストップ。やっとわれに帰って、仕事を始めたものの……やっぱり気になる。
……JUGEMのHPに行き、トラブルがあったと書き込みをしたのは、結局1時間30分後でした。

その日の夜、ドキドキしながら開いてみると……開けました。あっけなく。
JUGEMで対応してくれたのかな?
と、思ったのですが……。

その後、JUGEMUからメールが来ていたことを知り、読んでみると、「登録されたcookie情報に問題がある」ので、cookieの削除をしてね、と書いてありました。
その前に直っちゃったんですが……と、思いながら、cookieの削除をしたぱいぽでした。

でも、結局、何だったんでしょうね(^^ゞ

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
profile
ぽちっとしてもらえると              うれしいです
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ブログランキングへ
categories
selected entries
archives
                
links
recent comment
recent trackback
                
ペット
くっくです。この名前、鳥ということでつけたほかはなんの意味もありませんが、気にいってます。カウンターの数字は「スランになりたいな」からのものです。数字が消えてしまうのはちょっと悲しかったので……。「スランの本棚」のカウンターはこれから7700をひいたものです(^^ゞ

キアです。ヴォクトの「スラン」に出てくるなかなか重要な登場人物キア・グレイの名前から拝借しました。ペットの名前に使われたと知ったら怒られそうです。
スランについて
ブログ「スランの本棚」のスランはヴォクトの古典的名作SF「スラン」からとりました。 スランというのは、新人類で、人の心を読むことができたり、知覚力や知力が現(?)人類よりはるかにうわまわっています。迫害され、表舞台からは姿をけしています。主人公のジョン・トマス・クロスはまだ9歳のスランの少年。人類や無触毛スラン(スランには触毛があるんです)に対して憎悪を持ちながらも、成長し能力が成熟していくなかで共存の道を模索していきます。 ね、なかなかいい感じでしょう。 前の「スランになりたいな」を始めるときに、たまたま「スラン」を読み返していたため勢いでつけました。勢いでつけたわりには気にいっています。 でも、この「スラン」絶版になっています。さびしいなあ。 ちなみに、昔アニメにもなった竹宮恵子の「地球へ」の主人公、ジョミーは、この「スラン」の主人公ジョン・トマス・クロス にちなんでいるそうです
                
こんな本もいいな
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links