スポンサーサイト

  • 2008.11.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本の材木 杉  <気になる日本の木>シリーズ

クモに引き続き、ちょっぴり嫌われている(?)ものを題材とした本を一冊。

杉のない北海道での花粉症は白樺が多いのですが、本州ではやはり杉が花粉症のいちばんの原因ですよね。
すっかり嫌われ者の感がありますが、杉は実は登呂遺跡から使われていた板が発掘されるほど昔から日本人の生活に役立ってきたものだそうです。

と、これは、この本の受け売りです。

中学年から高学年向けのシリーズの一冊ですが、この本は中学年からでいいと思います。

同じ「気になる日本の木」シリーズの「松」などもおもしろいのですが、やや固いところがあります。
これはその固さを解消するためか、なぜか、いろいろな時代の人を集めて「杉発見の旅」なるものを企画し、タイムツアーをさせてしまったのです。

ガイドさんは「杉田杉子」、参加者は、弥生(?)時代から「スギタケルノオオキミ」鎌倉(?)時代から「杉守板義」現代から「杉本茂」です。全部「杉」に関係があると思ったら、残る1人は「一心太助」でした。

もうこの辺から、ぱいぽと娘、息子は、大ウケです。なぜか、この一心太助、いつも見得を切った顔で絵本のページに登場するんです。この一心太助を見たいためにどんどんページをめくっていきました。この一心太助を見ていると、なんだか作者の涙ぐましい努力が伝わってくるようです。

ところで、一心太助ががんばっているといって、この本の内容は、けっしておちゃらけたものではありません。杉がどうしてこんなに植えられることになったのか、そうして、どんなふうに私たち日本人の生活にかかわってきたかを、しっかり伝えてくれます。

ぱいぽがおもしろかったのは、板を何枚かと底になる丸い板を使って組み立て「たが」をはめて同じ入れ物を作っても、その板が「柾目」と「板目」では、用途が異なるということでした。
水や空気が通りやすく、ぬれたり乾いたりしても、はばがほとんど変わらない「柾目」の板と、反対に、はばは大きく変わるけど、水や空気が通りにくい「板目」の板の、性質の違いを上手に使っているのです。
この本では「おけ」と「たる」を例としてあげていました。

また、杉の山の手入方法や、手入れの大切さなどにもさりげなく触れていました。

杉の学名「クリプトメリア・ヤポニカ」も紹介されていました。
「ヤポニカ」…日本のことです。
やはり、日本人とは縁の深い木なのですね。

そんな杉の木が、ただただ迷惑なものとしてのみ注目されているのは、なんだか悲しい気がします。

ただ、ぱいぽは北海道に住んでいるので(北海道と沖縄にはないそうです)こんなことが言えるのかもしれませんが……。

気になるシリーズの気になる一冊です。

日本の材木杉
絵本〈気になる日本の木〉シリーズ
ゆのきようこ/文 阿部伸二/絵
出版社名 理論社
出版年月 2006年2月
ISBNコード 978-4-652-04037-9
(4-652-04037-7)
税込価格 1,470円
頁数・縦サイズ 〔55P〕 26cm


よければぼちっとしてもらえるとうれしいです→にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
profile
ぽちっとしてもらえると              うれしいです
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ブログランキングへ
categories
selected entries
archives
                
links
recent comment
recent trackback
                
ペット
くっくです。この名前、鳥ということでつけたほかはなんの意味もありませんが、気にいってます。カウンターの数字は「スランになりたいな」からのものです。数字が消えてしまうのはちょっと悲しかったので……。「スランの本棚」のカウンターはこれから7700をひいたものです(^^ゞ

キアです。ヴォクトの「スラン」に出てくるなかなか重要な登場人物キア・グレイの名前から拝借しました。ペットの名前に使われたと知ったら怒られそうです。
スランについて
ブログ「スランの本棚」のスランはヴォクトの古典的名作SF「スラン」からとりました。 スランというのは、新人類で、人の心を読むことができたり、知覚力や知力が現(?)人類よりはるかにうわまわっています。迫害され、表舞台からは姿をけしています。主人公のジョン・トマス・クロスはまだ9歳のスランの少年。人類や無触毛スラン(スランには触毛があるんです)に対して憎悪を持ちながらも、成長し能力が成熟していくなかで共存の道を模索していきます。 ね、なかなかいい感じでしょう。 前の「スランになりたいな」を始めるときに、たまたま「スラン」を読み返していたため勢いでつけました。勢いでつけたわりには気にいっています。 でも、この「スラン」絶版になっています。さびしいなあ。 ちなみに、昔アニメにもなった竹宮恵子の「地球へ」の主人公、ジョミーは、この「スラン」の主人公ジョン・トマス・クロス にちなんでいるそうです
                
こんな本もいいな
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links