スポンサーサイト

  • 2008.11.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


彼の手は語りつぐ

前の記事でいろいろ書きましたが、気をとりなおして「彼の手は語りつぐ」を。
「本・物・嗜・好」のbincaさんのところで紹介されていた本です。
どうしても読みたくてすぐ買ったのですが、なかなかすぐにはブログに書けませんでした。

作者は「ありがとう、フォルカーせんせい」(このブログの記事はこちら)のパトリシア・ポラッコ。彼女の絵本は家に伝わってきたことや自分が経験したことをもとにしているのですが、事実の重みが伝わってきていつも心を動かされます。

この「彼の手は語りつぐ」も、ポラッコさんの家で5代にわたって語りつがれてきた物語です。話の舞台は南北戦争(1861年-1865年)の終わりごろなので、およそ140年間伝えられてきた話ということになります。

覚悟を持って戦争に出かける黒人の少年と、にこにこして(そう見えます)出かける白人の少年。
黒人の少年はピンクス・エイリー(ピンク)、白人の少年はシェルダン・カーティス(セイ)。

戦場でけがをし、部隊におきざりにされたシェルダンを助けたのは、やはり自分の部隊(黒人部隊)とはぐれたピンクスでした。

2人は南部のピンクスのお母さんの家へたどりつきます。

ピンクスは、奴隷の身であったのにもかかわらず文字を読み書きすることができ、この戦争を自分たちの戦争だと理解し、シェルダンのけがが治ったらもう一度戦場にもどらなければと決意しています。

   「奴隷に生まれるってことは、苦しみがどっさりってことなんだ。
    でも、エイリーのだんなに読み書きを教わってから、
    おれはわかったんだ。
    たとえ奴隷でも、自分のほんとうの主人は、
    自分以外にはいないってことを」

反対に、シェルダンは、気が弱く、幼さすら感じます。ただ一つの誇りは、自分の手でエイブラハム・リンカーンと握手をしたということ。
ピンクスもピンクスのお母さん(モー・モー・ベイ)も、そんなシェルダンをあたたかく包んでくれます。

シェルダンとピンクス、モー・モー・ベイの間の会話で話は進んでいくのですが、戦場にもどることになり泣くシェルダンとモー・モー・ベイのやりとりは、とりわけ、素朴な愛とはこういうものだと強く感じさせてくれます。

  「ぼくは、ピンクスみたいに勇敢じゃないんだ。ぼくはこしぬけだよ」
  「なあぼうや。勇敢だってことは、
   こわさを感じないっていう意味じゃないんだよ、
   わかるかい?」
  (中略)
  「さあ、ぼうや、だきしめてあげよう。
   ぼうやはいつかきっと、おじいさんになるよ。(略)」

でも、2人が戦場にもどろうとした朝、モー・モー・ベイは南軍の兵士に射殺されます。
そして、その後、戦場にもどる途中で2人も南軍の兵士にとらえられるのです。

別々に引き裂かれそうになったとき、

   ピンクは、ぼくに手をのばしていった。
  「おれの手を握ってくれ。
   リンカーンさんと握手したその手で、セイ、もう一度だけ」

引き離されるまで握り合った手。

そして、ピンクスは死に、シェルダンは生き残ります。ピンクスが収容所に到着した数時間後に殺されたということは、黒人だったからということでしょう。

ピンクス・エイリーには、彼を語りついでくれる子供はいません。でも、シェルダンは、娘に、娘はその娘にと、この話を語りついできました。
そうして、パトリシア・ポラッコがこの本を書きました。ピンクス・エイリーを記憶にとどめるために。

子供や孫の写真の絵とともに、作者からのメッセージが書かれた最後のページを読むといつも涙がこみあげてきます。

この話を読むと、戦争でだれひとり語るものがいなくなってしまった大勢の人たちのことを考えてしまいます。
私たちにも語っていかなければならない多くのことがあると感じます。

表紙の絵は、2人がにぎりあった手。
なんだか違和感があって、よく見たら、2人以外の手がシェルダンの手をつかんでいるのです。絵本のなかにもその場面はかかれていて、それを見ると、その手は2人を引き離そうとしている人間の手であることがわかります。
思いを伝えようとしている手と、それを引き離そうとする手。
この絵を表紙にした人の思いが感じられるのは、深読みかな……。

是非、子どもたちに読みたいと思っていましたが、背景の難しさなどから小学生には無理かと考えていました。
ところが、光村の6年生の国語の教科書で紹介されていたことを娘が教えてくれました。
ちよっとびっくりしました(^^ゞ

ちなみに、原題は、
Pink and Say
(訳者がつけた題名がすてきです。最近映画などで原題をそのままにつける場合が多いですが、こういった例を見ると、やっぱり、美しい日本語の題名をつけてほしいものです)

彼の手は語りつぐ
パトリシア・ポラッコ/文と絵 千葉茂樹/訳
出版社名 あすなろ書房
出版年月 2001年5月
ISBNコード 978-4-7515-1984-4
(4-7515-1984-0)
税込価格 1,680円
頁数・縦サイズ 47P 29cm


よければぼちっとしてもらえるとうれしいです→にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ありがとう、フォルカーせんせい

娘の卒業式は91人中2人の欠席ですみました。体調の悪い子もいたけれど、みんな誇らしげで、成長の喜びを感じているようでした。
1年生で勉強に対する期待とうれしさではじけるようにして入学してきた子どもたちは、さまざまなことができるようになったという自信を持って卒業していくのだと思いました。

この本の主人公の「トリシャ」も、5歳になったとき、本の世界への入り口に立ちました。
トリシャの家では、読む練習を行う年齢になると、行う儀式がありました。
本にハチミツをたらし、
「どんな味だね」
「あまーい」
すると、家族が声をそろえて歌うのです。
「そう、ハチミツは あまーい。本も あまーい。
 よめば よむほど あまくなる」
自分も読む練習をして、読めるようになると、トリシャは、どんなにか期待に胸をふくらませていたことでしょう。

でも……読めなかったのです。

  よめない。
  ちっとも よめるように ならない。
  本は だいすきなのに。

1年生になっても、読めないトリシャ。

  字が くねくねした かたちにしか みえないんだもの。
  
  さんすうは もっときらい。
  すうじは いまにも たおれそうな、
  ぐらぐらした レンガの山にしか みえない。
  やっぱりだ。
  ぜったいに わたしは あたまが わるい。
  みんなと ちがう。

あんなに、本を読むことを楽しみにしていたのに……小学校へ入ったら読めるかなと思っていたのに……。

転校しても読めず、みんなに笑われるトリシャ。

  がっこうが だいきらい

でも、5年生になったとき、フォルカー先生とトリシャは出会います。

フォルカー先生は、トリシャが得意とする「絵」をほめてくれ、読み方をからかう子にはきびし顔を向けました。
でも、フォルカー先生が優しくすればするほど、いじめてくる男の子がいました。その子の影響で「のろまー!」「ばーか!」と、ほかの子たちも叫びます。

   みんなの いうことが ほんとうなんだ。

でも、ある日、ついに、フォルカー先生は、トリシャには字や数字がみんなと違って見えることに気づきます。

   「きみは じぶんを だめな子だと おもっているんだね?」

   「きみには 字や すうじが みんなとは ちがってみえるのに、
    らくだいしないで ここまで きたんじゃないか。
    せんせいたちさえ、気づかなかったんだよ」

   「つまり きみは かしこくて、
    それに とっても ゆうかんだって ことじゃないか」

   「きみは かならず よめるようになる。やくそくするよ」

ようやく、トリシャの持つ問題に気づいてくれる人が現れたのです。
さすが、アメリカだと感じたのは、ここで国語の先生とフォルカー先生が二人三脚でトリシャに読めるようになるプログラムをほどこしたことです。
特訓を始めて何ヶ月も何ヶ月もたったとき、トリシャは突然、自分が読めるようになったことに気づきます。

   しんじられない。まほうみたい!
   あたまのなかに ひかりが ぱあっと さしこんだ!

家へ帰ったトリシャは、5歳のときの儀式をひとりで行います。

   うれしくて うれしくて たまらないときも、
   なみだって ながれるんだ。

トリシャは、LDだったのでしょう。それを理解して適切に教えてくれたフォルカー先生に会えたことが彼女の人生を変えました。

トリシャのようではなくても、子どもたちは苦手なものがあったり、わからないことが出てきたりします。でも、どの子もできるようになりたい、わかりたい、と、思っているのです。わたしたち大人は少しでもその助けになりたいと思います。
そして、苦手なことだけではなく、得意なことに目をむけられるように、自分に自信が持てるように、学ぶ喜び、成長する喜びを、子どもたちが持てるように、かかわっていきたいとも思います。

このトリシャは、実は作者のパトリシア・ポラッコさんです。「彼の手は語り継ぐ」の作者でもあり、それも事実をもとにしたものです。
この2冊からは事実の持つ重みを感じます。

ありがとう、フォルカーせんせい
海外秀作絵本 6
パトリシア・ポラッコ/作・絵 香咲弥須子/訳
出版社名 岩崎書店
出版年月 2001年12月
ISBNコード 978-4-265-06806-7
(4-265-06806-5)
税込価格 1,470円
頁数・縦サイズ 1冊 29cm


よければぼちっとしてもらえるとうれしいですにほんブログ村 本ブログへ


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
profile
ぽちっとしてもらえると              うれしいです
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ブログランキングへ
categories
selected entries
archives
                
links
recent comment
recent trackback
                
ペット
くっくです。この名前、鳥ということでつけたほかはなんの意味もありませんが、気にいってます。カウンターの数字は「スランになりたいな」からのものです。数字が消えてしまうのはちょっと悲しかったので……。「スランの本棚」のカウンターはこれから7700をひいたものです(^^ゞ

キアです。ヴォクトの「スラン」に出てくるなかなか重要な登場人物キア・グレイの名前から拝借しました。ペットの名前に使われたと知ったら怒られそうです。
スランについて
ブログ「スランの本棚」のスランはヴォクトの古典的名作SF「スラン」からとりました。 スランというのは、新人類で、人の心を読むことができたり、知覚力や知力が現(?)人類よりはるかにうわまわっています。迫害され、表舞台からは姿をけしています。主人公のジョン・トマス・クロスはまだ9歳のスランの少年。人類や無触毛スラン(スランには触毛があるんです)に対して憎悪を持ちながらも、成長し能力が成熟していくなかで共存の道を模索していきます。 ね、なかなかいい感じでしょう。 前の「スランになりたいな」を始めるときに、たまたま「スラン」を読み返していたため勢いでつけました。勢いでつけたわりには気にいっています。 でも、この「スラン」絶版になっています。さびしいなあ。 ちなみに、昔アニメにもなった竹宮恵子の「地球へ」の主人公、ジョミーは、この「スラン」の主人公ジョン・トマス・クロス にちなんでいるそうです
                
こんな本もいいな
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links