<< 鬼ぞろぞろ | main | 光の旅 かげの旅 >>

スポンサーサイト

  • 2008.11.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


おにたのぼうし

低学年から読みました。昔、3年生の教科書にのっているのを見たことがあります。

節分の夜。
気のいい、小さなくろおにの子「おにた」は、住処に豆まきをされ、出ていくことになりました。

「人間っておかしいなあ。おには悪いって決めているんだから。おににも、いろいろあるのにな。」

つのかくしの古いむぎわらぼうしをかぶって雪のまちを歩きまわり、ようやく豆やヒイラギのない家を見つけました。

そこは女の子と病気のお母さんが住んでいる貧しい家でした。食べるものひとつない台所。でも、女の子が一生懸命お母さんを心配させないように、赤ご飯とうぐいす豆を食べたと話しているのを見て、おにたは夢中で寒い外へ飛び出しました。

もどってきたおにたは、女の子に、女の子が食べたとおかあさんに言ったままのごちそうをさしだしたのです。

ぱっと顔が赤くなりにこっと笑った女の子。
でも、次の瞬間、女の子は言ったのです。
「わたしも、まめまきしたいなあ。
 おにがくれば、かあさんの病気はもっと悪くなるわ。」
それを聞いたおにたは……。

作者は「車のいろは空のいろ」のあまんきみこさん。出版年月日から見ると、1969年にこれを書き、その6年後に「ちびっこちびおに」を書いたようです。

「ちびっこちびおに」も、おにたと同じように気のいいおにの子が出てきます。そして、おにたのように無我夢中で子どもを助けましたが、その結果は、おにたとは違うものになりました。

おにたが、つのかくしのぼうしをぬぐことなく、
「おにだって、いろいろあるのに。おにだって……。」
と言って、こおりがとけたようにいなくなるのに対して、
「ちびっこちびおに」は、ぼうしをぬいで、つのを見せてしまい、くったくなく受け入れてくれた子ども達と仲良く遊ぶのです

あまんきみこさんは、「おにた」で書いた、ついにわかりあえなかったままの人間とおにの関係を「ちびおに」ですくってくれたのかな、などと、思ったりします。

おにたがいなくなったあとに、むぎわらぼうしがぽつんと……。そのなかには、あたたかい黒い豆が……。

この話を大勢に読むと、この豆が、おにたか、そうでないかで、解釈がわかれます。

私はやっぱりおにたは豆になったと思うのですが、おにたは女の子に豆をおいて人間の世界に分かれをつげたのだという子もいます。豆になるのは救われなさすぎるといったことから、豆になったのではないと思いたいという人もいました。

結局、どちらもいいのかな…と、今は考えています。

節分というと、真っ先に思い浮かぶ話です。

  (「スランになりたいな」での記事に加筆)


おにたのぼうし
あまんきみこ/ぶん いわさきちひろ/え
出版社名 ポプラ社
出版年月 1969年
ISBNコード 4-591-00529-1
税込価格 1,050円
頁数・縦サイズ 1冊 25cm

スポンサーサイト

  • 2008.11.03 Monday
  • -
  • 20:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
なんだかちょっと切ないお話。。
「おにた」君と「ちびおに」君は対照的だけど、どちらも『優しい気持ち』を持ってるよね。
仲良くなりたい気持ちはどちらもあるのに、あらわし方が違ってて・・
「鬼にもいろいろ・・」そうですよね^^
「鬼」は人の心にも住んでますよね〜
悪いのは鬼だけじゃないですよね♪
お久しぶりです。こまめに投稿されていたパイポさんが投稿を中断されていたのできっと何かあったんだな〜と思ってましたが、大変だったんですね。もう復活されたとはいえ無理は禁物のんびりやっていきましょう。ブログを止められたのではなく良かったです。
ぱいぽさん、お久しぶりです。
どうされたかと思っておりました…。
体調はもう大丈夫ですか??
大腸憩室炎…私も以前、軽症ですが通院したことがありました。
おだいじにしてくださいね。
またお邪魔しまーす。
magu7さん おはようございます♪
いつもありがとうございます。
そうなんです。とってもせつない話なんですよ。もう読みたくないなんて思ったりするのですが、不思議とせつない話のほうが心に残ってしまいます。結果としてすんなり受け入れられた「ちびっこちびおに」の方が私のなかでは、印象がうすくなってしまっています。ちびっこちびおには、どこか「てぶくろをかいに」に通じるところがあるような気もしているんですが。
  • ぱいぽ
  • 2008/02/17 8:04 AM
げらさん 
あたたかいお言葉をありがとうございます。
お言葉に甘えてのんびり長くやっていけたらと考えています。これからもどうぞよろしくお願いします。
  • ぱいぽ
  • 2008/02/17 8:06 AM
ねこくまさん
ありがとうございます。
おかげさまで、今のところ体調大丈夫そうです。
ねこくまさんもかかられたことあるのですね。痛いですよね〜。
なんだか場所が悪かったみたいで、いろいろ検査もして、結果的には大腸憩室炎だけで、ほっとしています。
みなさんにご心配をおかけして申し訳ありません。
これからもゆっくり続けていきたいと思っています。よろしくお願いします。
  • ぱいぽ
  • 2008/02/17 8:13 AM

お久しぶりです!

更新が無くとっても心配していましたが、体調を悪くされていたとの事。大変でしたね!
もう回復されたとの事。ちょっと安心しました。

これからも、楽しめる時ゆっくりとブログに本に更新していってくださいね♪

そうそう、先日北海道の然別湖まで行ってきましたよ〜。
そらさん こんにちは
ご心配をおかけして申し訳ありません。お言葉に甘えて、ゆっくり更新させていただきます。ありがとうございます。
ところで、然別湖、いかがでしたか?北海道人なのに私は夏にしか行ったことがないんです。きっと寒かったでしょうね。でも、気にいっていただけたら、北海道人としては、うれしいです(^^)
  • ぱいぽ
  • 2008/03/02 10:23 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
profile
ぽちっとしてもらえると              うれしいです
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ブログランキングへ
categories
selected entries
archives
                
links
recent comment
recent trackback
                
ペット
くっくです。この名前、鳥ということでつけたほかはなんの意味もありませんが、気にいってます。カウンターの数字は「スランになりたいな」からのものです。数字が消えてしまうのはちょっと悲しかったので……。「スランの本棚」のカウンターはこれから7700をひいたものです(^^ゞ

キアです。ヴォクトの「スラン」に出てくるなかなか重要な登場人物キア・グレイの名前から拝借しました。ペットの名前に使われたと知ったら怒られそうです。
スランについて
ブログ「スランの本棚」のスランはヴォクトの古典的名作SF「スラン」からとりました。 スランというのは、新人類で、人の心を読むことができたり、知覚力や知力が現(?)人類よりはるかにうわまわっています。迫害され、表舞台からは姿をけしています。主人公のジョン・トマス・クロスはまだ9歳のスランの少年。人類や無触毛スラン(スランには触毛があるんです)に対して憎悪を持ちながらも、成長し能力が成熟していくなかで共存の道を模索していきます。 ね、なかなかいい感じでしょう。 前の「スランになりたいな」を始めるときに、たまたま「スラン」を読み返していたため勢いでつけました。勢いでつけたわりには気にいっています。 でも、この「スラン」絶版になっています。さびしいなあ。 ちなみに、昔アニメにもなった竹宮恵子の「地球へ」の主人公、ジョミーは、この「スラン」の主人公ジョン・トマス・クロス にちなんでいるそうです
                
こんな本もいいな
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links