<< 富士ホテル 十勝川温泉 | main | 白老温泉ホテル >>

スポンサーサイト

  • 2008.11.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


川湯温泉の足湯

川湯温泉駅の足湯
JR釧網本線の川湯温泉駅に足湯がありました。
なかなか風情のある小屋の中にある足湯です。

川湯温泉は源泉かけ流しをうたっているようですが、この足湯も源泉100%のかけ流しです。中もきれいで手ぬぐいを持っていけばゆったりとした気分で入れます。

川湯温泉の市街地のお湯は酸性で私が泊まったところもpH1.6というものすごいもの。なめてみると舌がまがるほどすっぱいお湯でした。
でも、この駅の方は、同じ川湯でも泉質が違いpH7.1の中性。ナトリウム-炭酸水素塩泉だそうです。

ということで、きっと市街地の温泉よりは刺激が少ないのだろうと思ってつかっていましたが、やや熱いお湯のせいなのか(そんなに熱いとは思わなかったのですが)短時間なのに足が真っ赤になってしまいました。

それでも、もう一度冬場にも入ってみたいと思う足湯でした。
(以上の記事は2005年08月12日に「スランになりたいな」に投稿したものです)
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト

  • 2008.11.03 Monday
  • -
  • 15:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
有馬温泉(ありまおんせん)宿・旅館・ホテル
有馬温泉(ありまおんせん)兵庫県神戸市北区(旧国摂津国)にある温泉です。日本三古湯の一つであり、草津温泉・下呂温泉と並ぶ日本三名泉のひとつです、また枕草子の三名泉にも数えられる、ごぞんじ全国有数の名湯です。有馬温泉の温泉街 大きなホテルは温泉街周辺や
  • 2007/05/14 8:52 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
profile
ぽちっとしてもらえると              うれしいです
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ブログランキングへ
categories
selected entries
archives
                
links
recent comment
recent trackback
                
ペット
くっくです。この名前、鳥ということでつけたほかはなんの意味もありませんが、気にいってます。カウンターの数字は「スランになりたいな」からのものです。数字が消えてしまうのはちょっと悲しかったので……。「スランの本棚」のカウンターはこれから7700をひいたものです(^^ゞ

キアです。ヴォクトの「スラン」に出てくるなかなか重要な登場人物キア・グレイの名前から拝借しました。ペットの名前に使われたと知ったら怒られそうです。
スランについて
ブログ「スランの本棚」のスランはヴォクトの古典的名作SF「スラン」からとりました。 スランというのは、新人類で、人の心を読むことができたり、知覚力や知力が現(?)人類よりはるかにうわまわっています。迫害され、表舞台からは姿をけしています。主人公のジョン・トマス・クロスはまだ9歳のスランの少年。人類や無触毛スラン(スランには触毛があるんです)に対して憎悪を持ちながらも、成長し能力が成熟していくなかで共存の道を模索していきます。 ね、なかなかいい感じでしょう。 前の「スランになりたいな」を始めるときに、たまたま「スラン」を読み返していたため勢いでつけました。勢いでつけたわりには気にいっています。 でも、この「スラン」絶版になっています。さびしいなあ。 ちなみに、昔アニメにもなった竹宮恵子の「地球へ」の主人公、ジョミーは、この「スラン」の主人公ジョン・トマス・クロス にちなんでいるそうです
                
こんな本もいいな
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links