<< 中学校の入学式でした | main | 息子のひとこと >>

スポンサーサイト

  • 2008.11.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ちいさいおうち

年中さんのころから読みましたが、いっしょに楽しめるようになったのは、うちの娘では小学生になってからでした。

私自身は、大人になってからこの本に知り合い、とても好きな1冊になりました。
なのに、勢い込んで読んだところ、娘は
「きらい」
その後、読んであげると水を向けても、「いや」ということで、しばらく開くこともなくすぎてしまいました。
ところが、その娘が小学生になってしばらくして、「読んでみようかな。」
さっそく読んだところ、いい反応。
そして、
「いい本だね」

……今となっては、どうして娘がきらいになったかわからないのですが、どうも、ちいさいおうちがつらい思いをする部分がいやだったのではないかという気がします。

それだけちいさいおうちの気持ちによりそうことができる本なのかもしれません。

   むかしむかし、ずっと いなかの しずかなところに ちいさいおうちが ありました。

ではじまるお話。

このちいさいおうちを建てた人は言いました。
   「わたしたちの まごの まごの そのまた まごのときまで、
    このいえは、きっとりっぱに たっているだろう」

ちいさいおうちは、丘の上から美しい田舎の景色をながめてくらしていました。
幸せなときです。

ちいさなおうちの周りをときは、ゆっくり静かに通り過ぎていきます。
    きのうと きょうとは、いつでも
    すこしずつ ちがいました……
    ただ ちいさいおうちだけは いつも
    おなじでした。

けれども、やがて、美しい自然に取り囲まれたおうちのまわりは、押し寄せる都会に飲み込まれてしまうことになります。
だれも住む人がいなくなったちいさいおうち。

窓は目、ドアは鼻、そうして、ドアに向かう階段は口といったように、家は顔のように見えるのですが、田舎にいたときのちいさいおうちは、いつもにこにこしていました。
でも、都会の中にすっぽり入ってしまったちいさいおうちは、かなしげに見えます。

このあたり、バージニア・リー・バートンさんの絵は違和感なくそのあたりを表現しています。

    ちいさいおうちに お日さまがみえるのは、おひるのとき だけでした。

そうして、ちいさいおうちは、季節の変化さえ感じられなくなった都会のなかで田舎の夢を見るのです。

美しかったちいさいおうちは、

    ぺんきは はげ、まどは こわれ、よろいどは ななめに さがっていました。

みすぼらしく、だれからもかえりみられることがなくなってしまったのです。

    ……かべや やねは むかしと おなじように ちゃんとしているのに。

ところが、ある日……。

私はこのちいさいおうちに、自分自身や今のこの時代を見てしまい、失われてしまったものに対するなつかしさを感じてしまいます。
我が家の子どもたちも子どもたちなりにそれぞれ違った思いを持ったようです。
きっと読む人それぞれに思いは違うのでしょう。

この本には、もうひとつ、子どもに読んであげたときにすごいと思ったことがありました。

実は息子は読んであげているときに、よくつぶやきます。今もよく反応するのですが、この本をはじめて読んだ小2の頃は、ほんとによく話していました。
この本では、その息子のつぶやきに対する答えが、次に読む文のなかに出ていたり描いてある絵にあったりするのです。

たとえば
   「ちいさいおうちのしたのじめんのなかを、
    ちかてつがいったりきたりするようになりました。」
という文があると、
息子は
「おうちには見えないのにどうしてわかるの?」
とつぶやきました。
ところが、本では、次に
   「ちかてつはみえません。
    でも、じめんがふるえ、おおきなおとがするのでわかりました。」
と続いているのです。
「はたらきもののじょせつしゃけいてい」(→こちら)でも思いましたが、作者のバージニア・リー・バートンさんは、小さい子がどう考えるか、その心にちゃんとよりそって文や絵をかいているのです。

そのときの我が家の息子のように絵を読む段階の子は、すみずみまで絵をみて、それが文に書かれていることと一致することがとても大事なようです。
そうでないと、どんなにすてきな絵でも、興味を失ってしまったことが何度かありました。
そういった意味でも、この本は息子を満足させました。

娘に拒否をされたときはちょっとぐらついたのですが、やっぱりいい本なのだなあと思います。

ちいさいおうち
大型絵本 3
ばーじにあ・りー・ばーとん/ぶん・え いしいももこ/やく
出版社名 岩波書店
出版年月 1979年
ISBNコード 4-00-110553-5
税込価格 1,680円
頁数・縦サイズ 39P 23×26cm


よければぼちっとしてもらえるとうれしいです→にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

スポンサーサイト

  • 2008.11.03 Monday
  • -
  • 21:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんばんは(´ω`)ノ

大人には気づかない部分を小さなお子様が気づく事ってありますよね。
大切な事なのかもしれませんが、大人になるにしたがって、失ってしまうのかもしれませんね。
  • ピン助
  • 2007/04/11 11:32 PM
ぱいぽ さん・・・
おはようございます・・
何時も有難うございます・・(^^♪
むかし、むかしで始まる読み物は、何か懐かしさを感じさせますね・・。
娘さんが、この本を嫌がった理由はわからないけれど、私もお話を聞いていて
ツライというか・・
切ないというか・・説明のつかない気持ちになりました。。
子供って、大人は何でもないようなことに
敏感に反応して、その印象から抜けるには時間がかかったり、ふとしたきっかけで「こだわり」がなくなったり。。
息子さんには満足できる本だったんだ♪
  • magu7
  • 2007/04/12 5:09 PM
ぱいぽさん、はじめておじゃまします。
お名前を拝見していて、こちらに来てみたら、娘さんの「ちいさいおうち」への反応がうちの上の娘とまったく同じだったので、とても共感してしまいました。
自分が大好きなお話だったので、もう読まないと言われて大ショックだったのですが、よく聞くと、途中の街に埋もれていくちいさいおうちを見ていると苦しくなるから、最後いくらハッピーエンドでもいやだと言いました。
息子さんの反応にもとても納得です。
やっぱり素敵な絵本ですね。

また、立ちよらせてくださいね。
ピン助さん おはようございます♪
絵本の絵については、私よりも子どもの方が感覚がするどいと思うことがよくあります。大人は文をまず読んでしまうのですが、子どもは絵を読む違いかな?なんて、思ったりもしています(^^)



lsackさん おはようございます♪
そうですね。むかしむかし……英語の絵本などでもそれで始まるものは多いようで…世界共通の感覚なのでしょうね(^^)



magu7さん おはようございます♪
息子はそのあたりすっと通ったようです。読んだ年齢が始めて娘に読んだときより高かったせいもあるのかもしれません。子どもって、本当に不思議なところでひっかかったりしますが、私たちもそうだったんですよね。なんだかそれも不思議な気がします(^^ゞ



フラニーさん はじめまして♪
いらしていただいてうれしいです。これからもよろしくお願いします。
うちの娘は「どうしていやなの?」と聞いたら「いやだから」といいました(笑) フラニーさんの娘さんのようにちゃんと言ってくれたらよかったのですが(^^ゞ
でも、やっぱり素敵な本ですよね♪
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
profile
ぽちっとしてもらえると              うれしいです
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ブログランキングへ
categories
selected entries
archives
                
links
recent comment
recent trackback
                
ペット
くっくです。この名前、鳥ということでつけたほかはなんの意味もありませんが、気にいってます。カウンターの数字は「スランになりたいな」からのものです。数字が消えてしまうのはちょっと悲しかったので……。「スランの本棚」のカウンターはこれから7700をひいたものです(^^ゞ

キアです。ヴォクトの「スラン」に出てくるなかなか重要な登場人物キア・グレイの名前から拝借しました。ペットの名前に使われたと知ったら怒られそうです。
スランについて
ブログ「スランの本棚」のスランはヴォクトの古典的名作SF「スラン」からとりました。 スランというのは、新人類で、人の心を読むことができたり、知覚力や知力が現(?)人類よりはるかにうわまわっています。迫害され、表舞台からは姿をけしています。主人公のジョン・トマス・クロスはまだ9歳のスランの少年。人類や無触毛スラン(スランには触毛があるんです)に対して憎悪を持ちながらも、成長し能力が成熟していくなかで共存の道を模索していきます。 ね、なかなかいい感じでしょう。 前の「スランになりたいな」を始めるときに、たまたま「スラン」を読み返していたため勢いでつけました。勢いでつけたわりには気にいっています。 でも、この「スラン」絶版になっています。さびしいなあ。 ちなみに、昔アニメにもなった竹宮恵子の「地球へ」の主人公、ジョミーは、この「スラン」の主人公ジョン・トマス・クロス にちなんでいるそうです
                
こんな本もいいな
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links